オシャレタトゥー

オシャレタトゥー

医療機関でタトゥーを消す方法

ファッションの一環として認知度も上がっているタトゥーですが、ファッションとして身体に刻んだものの年齢とともに気に入らない、消したいと考えるようになる人も多いです。 一度肌に刻んだタトゥーは簡単に消すことはできません。 完全に消すためには医療機関でのレーザー治療が効果的です。 レーザー治療は脱毛などにも使われるものと同様で、メラニン色素にだけ反応する特殊な波長のレーザーを用いて行います。 原理的にはレーザーの光が墨の色に反応して肌に吸収され、その部分に高エネルギーが集中します。 そのエネルギーで色素を分解し、その後の新陳代謝によって徐々に元の肌の色に戻っていく仕組みになっています。

レーザー治療で簡単に消せると考えている人もいますが、実際には完全に消すことができずに跡が残るケースも多いのが実情です。 レーザーによってタトゥーの部分にエネルギーを集めれば、表面的な墨は分解できても肌の奥に達している部分までは分解しきれません。 レーザーを当てることで肌の奥にある墨に反応して、皮膚がヤケドを起こしかさぶたになり、かさぶたがレーザーを吸収するのでそれ以上墨を分解することができなくなるからです。 墨の浸透が浅ければ完全に見えない状態になることもありますが、たいていは跡が残ってしまうものだと思っておいた方が良いでしょう。 これからタトゥーをしようと考えている人は、消せないかもしれないということをよく考えて行ってくださいね。

タトゥーのアフターケア方法

タトゥーは気軽に彫れておしゃれですが、永遠に消えないおしゃれということも理解しておく必要があります。そのため、きちんとしたアフターケアをして綺麗に保つようにしてください。まず、タトゥーが完成したら消毒後軟膏を塗られて包帯を巻かれるので大体一日安静にさせます。空気中の細菌から保護する役割を果たしているので必ず巻いたままにしてください。安静にさせた後、ぬるま湯で手で優しく洗い、空気乾燥させます。タオルは使わないようにしてください。空気にあてる時間は一時間程度です。その後、軟膏を塗り肌に浸透するまで優しく撫でます。軟膏は市販のもので良いです。ただ、軟膏は塗り過ぎに気をつけなくてはいけません。塗り過ぎてしまうと細菌が繁殖してしまい、タトゥーが窒息してしまいます。さらに、一日三回から五回洗浄し、保湿剤をつけます。肌が完全に回復するまでは、抗菌石鹸とぬるま湯で洗います。サイズや場所にもよりますが、完全に回復するまでには三週間から六週間かかります。また、一日三回の洗浄で大体は良いですが手や手首、足などの細菌が多く繁殖する場所であればより頻繁に洗うことが望ましいです。このように手間のかかるケアが必要ですが美しい状態で保つためには必要なことです。

Valuable information

パリだけでなく、南フランスや郊外など15都市から、25の語学学校をご紹介。

フランス留学

買取のコツや、買取業者の比較情報なども紹介しています。

kaitotte[カイトッテ]|リユース(買取)に関する情報サイト

福岡で包茎手術の相談ができるメンズクリニックです。

包茎手術を福岡で相談

熊本で不用品回収・買取をお探しならお任せください

熊本 不用品

最終更新日:2017/5/1