オシャレタトゥー

オシャレタトゥー

タトゥーがある人の温泉入浴

ファッションとして、肌にそのまま絵を描くタトゥーをする人が多いです。
タトゥーは消えないアクセサリーであり、その良さは若者を魅了するものがあることでしょう。
さて、温泉の話ですが、温泉ではタトゥーのある人の入浴を禁止するところもあります。その理由は暴力関係の方の立ち入りを禁止するためです。

ですが、最近では外国人観光客も多く、またファッションとしてする方も多いために規制が徐々に緩くなり始めました。例えば絆創膏などで隠していれば入ることができるだとか、元々許可を出している温泉だとかです。
まだまだ完全に許可をされているわけではありませんが、例えいれていたとしても入れる場所があるということです。
ファッションでタトゥーを入れている人からすれば腑に落ちない事だとは思いますが、やはり社会という囲いがある以上はマナーを守らなければならないのです。ですから、隠してなら入れる温泉であれば隠し、お断りの場所ならば諦める事にしましょう。

タトゥーを入れていても温泉に入る方法

タトゥーをしていると多くの温泉には入れません。これは他のお客様に恐怖心を与えないようにするためです。
しかしタトゥーをしていても温泉に入る方法はあります。まず絆創膏をタトゥーにはりつけて入浴する方法です。まだ面積の小さい物であれば大きな絆創膏で隠すことができます。絆創膏が目立つと思う方はタトゥーを隠す専用の絆創膏のようなものがあり、これで完全に何もないように見せかけられるのです。
他にも秘湯と呼ばれるところに行くのも方法でしょう。

このようなところは自然にできているものであり営業しているわけではありませんので特にルールはありません。
他にも貸し切りの温泉に入るのも方法です。貸切の場合は他のお客様の目に触れるわけでもありませんし店の人によるチェックもありませんので安心して入れます。
外国人観光客のために今ではこのようなルールを撤廃する動きが増えていますので今まで温泉に入れなかった方も気軽に入れるようになるかもしれません。

pickup

山梨の求人
http://ai-q.jp/

2016/3/11 更新